スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Blue Zone(赤青緑シータカラービートダウン)


たくさんの方からの激励のお言葉、BLOG。ありがとうございます。
ヨワゴシさんからのお言葉に沿って、みなさんをキメキメにできるようにがんばります。
m(__)m

今回はデッキ。
僕はシータカラービート(赤青緑のビートダウンデッキ)が大好きなんですけれど、今回はそれを紹介。

サンプルデッキはこちら。
The Blue Zone(赤青緑シータカラービートダウン)

デッキの動かし方的は、ブーストして、ドローして、大地でぐるぐる回してどーんってな感じです。基本殴るデッキですが、大地を使ったパズルのようなコンボが多数含まれていてかなり自由度が高いデッキです。
しかし、ブロッカーが1体しか入っていないことや1枚積みが多いことからプレイングミスすると即死・・・っていう刹那感も気に入ってます(^^)

・・・

このデッキ、何回か連ドラと回していて思ったのですが、連ドラ相手には序盤から殴らない方がよい感じですね。このデッキの序盤とは、最初のムーンナイフや青銅。

連ドラは基本的にドローソースが薄いので、序盤殴ってしまうと手札になかったルピアがシールドがこんにちはしたりして、極めてよくありません。今のところの結論は、2、3枚一気割りできるところで1回目割る感じがよいようです。同様にグラデビなんかの中速ビートも同じことがいえるのかもしれません。

後、連ドラとやりあうなら序盤のルピアを除去する手段をもっと増やした方がよいかなと思っています。ボンバドール増量、もしくはムラマサのコンセントなんかよいかなと。マリエルも焼けますしね。

・・・

未だプレイングについては常に考え続けてます。
また何かあればここに書いて行こうと思っています。

テーマ : デュエルマスターズ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon
カテゴリ
最新コメント
link
Amazon
Twitter
プロフィール

barispajive

Author : Basquiat(バスキア)
このゲームを初めて7年。二人の息子と楽しんでいましたが、今年で次男坊も中学生。どこまで続けられるのか一歩引いた感じで自分を眺めてますw
デッキの好みはコントロール。速攻は永遠のライバル。
favorite:クリーチャーはバロスト、呪文は母なる系全部、自称母ナリスト。ギアはイモータルブレード、城は薔薇城、絵師は獅子猿さんとkawasumiさん。

このサイトについて

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ

検索フォーム
リンク
Other
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。