スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テストバトン第2弾

他ならぬしぐれくんの頼みなら。
つーわけでいきます。

・このバトンは、各人がカードの種類1種と枚数(1~4)を指定してデッキを作ってみるバトン第2弾です。第1弾のものとは無関係です。
・このバトンはnegiyakiさんが主催される◆バトンでデッキ 戦国ヒーロー編(仮称)◆についての試験運用のようなものです。
・こちらは、殿堂入りに準拠します。
・選ばれたカードの枚数が40枚に到達すればゴールです。
・このバトンでは、種類と枚数を指定した後に、これまでに選ばれたカードの枚数を1枚変更させることが可能です。しかし、1枚を0枚にしたり、4枚を5枚にすることは不可能です。もちろん、殿堂入りカードを増やすことはできません。
・種類と枚数を指定していくバトンで、枚数を1枚変えられるルールでうまいことデッキが出来るのかというテストが目的です。

以下、テンプレ

1.これまでに選ばれたカードの種類と枚数は?(前の人が1枚変更した分も反映してください)
2.あなたの選ぶカードと枚数は?
3.なぜそのカードと枚数にしたのですか?
4.これまでのカードを一枚ずつ変えてください。(しなくてもいいですが、なるべく)
5.次に回す人は?あれば最後に一言

1.これまでに選ばれたカードの種類と枚数は?(前の人が1枚変更した分も反映してください)
《竜極神ゲキ》x2/巳子さん
《竜極神メツ》x3/ゆかりさん
《ローズ・キャッスル》x3/garakuhaさん
《フェアリー・ライフ》×4/Ferrumさん
《黒神龍ドボルザーク》x2/せふぃるさん
《焦土と開拓の転変》x3/カオスケさん
《母なる大地》x1/チェスさん
《灼熱波》x1/ELKSさん
《青銅の鎧》x4/森の熊さん
《ソウル・アドバンテージ》x2/しぐれさん
(累計25枚)

2.あなたの選ぶカードと枚数は?
《光牙忍ハヤブサマル》×1枚

3.なぜそのカードと枚数にしたのですか?
・今回の趣旨が「テスト」であるなら、ここらで冒険するべきと判断。
・赤黒緑ゲキメツや赤青黒緑ゲキメツに興味がない。多分それ系のカードを選んだら今後のデッキバトンの行く末が気にならない。
・このまま最後まで進んで白入りのゲキメツができたならそれはそれで見てみたいし、赤黒緑ゲキメツ(タッチハヤブサマル1枚)なんてことになってもそれはそれで笑っちゃうし。
・バリアントスパークと悩んだけど、それはあまりにもなんでタッチになっても召還できるこいつで。

4.これまでのカードを一枚ずつ変えてください。(しなくてもいいですが、なるべく)
いいと思います。しぐれくん調整に異存はないです。

5.次に回す人は?あれば最後に一言
Deadman(無秩序デュエルマスターズ)に。
むちゃぶりに答えてくれるって意味でこれ以上の人材はないと判断。
 

コメントの投稿

もー、すっげー悩んじゃいましたよ!
アレとかコレとか加えてデッキを滅茶苦茶にしたい衝動を抑えつつ、頑張って選んだつもりです。
非公開コメント

Amazon
カテゴリ
最新コメント
link
Amazon
Twitter
プロフィール

barispajive

Author : Basquiat(バスキア)
このゲームを初めて7年。二人の息子と楽しんでいましたが、今年で次男坊も中学生。どこまで続けられるのか一歩引いた感じで自分を眺めてますw
デッキの好みはコントロール。速攻は永遠のライバル。
favorite:クリーチャーはバロスト、呪文は母なる系全部、自称母ナリスト。ギアはイモータルブレード、城は薔薇城、絵師は獅子猿さんとkawasumiさん。

このサイトについて

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ

検索フォーム
リンク
Other
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。